誘導はんだ付け真鍮コーナージョイント

Hig周波数誘導はんだ付け真鍮コーナージョイント

DevOps Tools Engineer試験のObjective
45つのXNUMX°真鍮コーナージョイントを正常にはんだ付けします。

装置:
DW-UHF-10kw誘導はんだ付けヒーター

素材
お客様が提供するStayBrite#8銀はんだ
ブリジットはんだフラックスはお客様がご用意
真鍮コーナージョイント
パンケーキコイル

主要なパラメータ
電力:5.5 kW
温度:約550°F(288°C)
時間:20秒

プロセス:

  1. フラックスはすべての関節に適用されます。
  2. アセンブリは加熱用に配置されます
  3. 誘導加熱が15秒間適用されます
  4. ろう付けロッドはジョイントに適用されます

結果/メリット

  1. ろう付け合金は手作業で供給されるため、コイルはジョイントの下に配置され、フレームの見える側に面しています。 接合部の見える側は平らな木製の表面にあり、ろう付け合金が漏れてこぼれることはありません。 これにより、縫い目が内部でろう付けされている間、目に見える表面がきれいに保たれます。
  2. はんだペーストを使用する場合、ジョイントの上にコイルを配置できます。 特殊なデュアルコイルを使用すると、両方のジョイント(上部と下部)をXNUMX回のショットで行うことができます。
  3. この場合、フレームの反転は必要ありません。 詳細については、ビデオを参照し、添付されている写真をズームしてください。
  4. ジョイントの両側で特別な洗浄は必要ありません。 写真のサンプルはペーパータオルのみで拭いてあります。