誘導はんだ付け銅線コネクタ

DevOps Tools Engineer試験のObjective
このアプリケーションテストの目的は、銅線コネクタを銅同軸ケーブルに誘導はんだ付けするための加熱時間を決定することです。 顧客は、手はんだ付けをはんだごて、誘導はんだ付けに置き換えたいと考えています。 手はんだ付けは労働集約的である可能性があり、結果として生じるはんだ接合はオペレーターのスキルに大きく依存します。 誘導はんだ付け 有限のプロセス制御を可能にし、一貫した結果を提供します。

設備
DW-UHF-6KW-IIIハンドヘルド誘導ろう付けヒーター

手持ち型の誘導器のヒーター素材
•銅同軸ケーブル
•メッキ銅コネクタ
•銅の弾丸型の内部コネクタ
•銅製のピン形状の内部コネクタ
•はんだワイヤー
• 炭素鋼

テスト1:弾丸形状のセンターピンへの銅同軸センターコンダクターのはんだ付け
主要なパラメータ
温度:約400°F(204°C)
パワー:1.32キロワット
時間:弾丸コネクターの場合3秒

テスト2:銅線の中心導体を針状のセンターピンにはんだ付け
主要なパラメータ
温度:約400°F(204°C)
パワー:1.32キロワット
時間:ニードルコネクタの場合1.5秒

テスト3:銅線をエンドコネクタにはんだ付けする(弾丸型のセンターピン)
主要なパラメータ
温度:約400°F(204°C)
パワー:1.8キロワット
時間:加熱時間30秒、その後10秒の冷却サイクル

テスト4:エンドコネクタ(針状のセンターピン)への銅線のはんだ付け
主要なパラメータ
温度:約400°F(204°C)
時間:加熱時間30秒、その後10秒の冷却サイクル

プロセス:

センターピンのタイプごとに、はんだ付けプロセスにはXNUMXつのステップがあります。 まず、中心ピン(弾丸型または針型)を同軸ケーブルの中心導体にはんだ付けします。 次に、ピン付きの同軸ケーブルをエンドコネクタにはんだ付けします。

テスト1および2:コネクターの中心ピンへの銅同軸中心導体のはんだ付け

  1. 内部コネクタピン(針と弾丸は同じプロセスに従いました)は、同軸ケーブルの中心導体に組み立てられました。 ワイヤーをはんだ付けするピンの長さの約XNUMX分のXNUMXのはんだスラグを切り、センターピンの受け側に配置しました。 同軸の銅導体は、ピンの下のはんだスラグに軽く下向きに置かれるように配置されました。
  2. アセンブリをXNUMXターンの誘導コイルに入れ、電源を入れました。
  3. はんだが溶けると、同軸の銅導体がセンターピンに着座しました。 はんだが冷える間、アセンブリはさらに数秒間静止しました。 注:はんだ接合部が冷えるまで静止させることが重要です。 動きが発生すると、「冷たい」はんだ接合が生じる可能性があります。

テスト3および4:センターピンへの銅製ネジ式エンドコネクタのはんだ付け

  1. 同軸の波形フルートの周りにはんだワイヤーが巻かれました。 はんだ付きの同軸ケーブルをエンドコネクタに配置しました。
  2. アセンブリをU字型の誘導コイルに入れ、電源を入れました。
  3. 加熱時間–いずれかのアセンブリで30秒、合金を凝固させるために10秒間保持します。

結果/メリット

はんだ付けは成功し、銅線コネクタの誘導はんだ付けは手はんだ付けの優れた代替品であることを確認しました。

  • 時間と温度の正確な制御
  • 急速な熱サイクルによるパワーオンデマンド
  • オペレーターに依存しない繰り返し可能なプロセス
  • 裸火のない安全な加熱
  • エネルギー効率の良い暖房