鋼への誘導ろう付け炭化物

鋼への誘導ろう付け炭化物 

目的:超硬スリーブを鋼の「T」シャンクにろう付けします

材質:外径2.0インチ(51mm)の超硬スリーブ、高さ1.0インチ(25.5mm)のろう付けジョイント、1.5インチ(38 mm)の鋼「T」、50%銀ろう付けリング

温度:1292°F(700°C)

周波数:257 kHz

詳細

•DW-UHF-6KW-I誘導加熱システム。2台の0.66μFコンデンサと合計1.32μFのリモートワークヘッドを装備。
•この用途向けに特別に設計および開発された誘導加熱コイル。

プロセスアセンブリを加熱するために、パンケーキ/ヘリカルコンビネーションコイルが使用されます。 コイル設計はそれらを回転させる必要なしに部品の容易なローディングおよびアンローディングを可能にする。 ヒートサイクルの開始から数分後にヒートパターン
正規化して非常に均一になります。 より良い接合品質のために、面取りされた溝がろう付けリングを見つけて着座させるためにスチールシャンクに機械加工されています。 ろう付け合金は接合部に流れ込み、強い審美的な接合を作ります。 各サイクルで加熱されるろう付け合金の量は、ろう付けリングによってうまく制御されます。

結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•製造に特別なオペレータスキルを必要としないハンズフリーろう付け
•正確で均一な熱が加えられ、シャンクとカーバイドの間で均等に分割されます。 部品がろう付け温度に達するとき、これはろう付け合金の均一な流れを提供する。