誘導を伴うろう付け銅アセンブリ

誘導を伴うろう付け銅アセンブリ

目的:ろう付けのために銅の「T」アセンブリを1400(760)ºF(ºC)に加熱する

材質:銅 'T'アセンブリ、銀 - 銅共晶ろう付け、ホワイトフラックス

温度:1400(760)°F(°C)周波数:250 kHz

機器:DW-UHF-20KW、450つの1.32 mFコンデンサ(総静電容量0.66 mF)を含むリモートヒートステーションを備えたXNUMXkHzソリッドステート誘導電源。 カスタム設計の誘導加熱コイル。

プロセスカスタムの二重巻きパンケーキとらせんコイルの組み合わせを使用して、RF誘導加熱電力を効率的に伝達します。 試験は、加熱プロファイルと温度までの時間を確立するために、温度表示塗料を使用して実施されました。 3〜5分の最適な温度までの時間が確立された後、ろう付けリングが接合部に配置され、接合部領域に白色フラックスが適用されます。 各ピースの最初のジョイントは5分かかり、同じ銅ピースの後続のジョイントははるかに短い時間(〜3分)で完了します。

結果/メリット・半自動プロセスで作業者の作業量を削減・ろう付け接合部の簡単で効果的な完成