誘導収縮継手鋼管

IGBTの暖房装置が付いている誘導の収縮継手鋼管

目的焼きばめ用途のために鋼管を500-1000°Fに加熱します。 さまざまな温度でのIDの膨張(成長)を決定します。
材質スチールチューブ7” OD×4.75” ID×5”ヒートゾーン
温度を測定するために 'K'熱電対を入力
防寒用の毛布
温度500、800、1000°F(260、427、538°C)
周波数66 kHz
機器DW-HF-7.5、7.5 kW、150-400 kHz誘導電源、1.5つの0.75μFコンデンサ(合計XNUMXμF)を含むリモートヒートステーションを装備
この用途のために特別に設計および開発された、マルチターンの特別な直並列誘導加熱コイル。
プロセス初期テストは、サーマルブランケットのないサンプルで完了しました。 熱電対を銅リングと鋼管の間に滑り込ませて温度を測定します。 測定された部分
4.940インチ(IDゲージを使用した室温で)部品は約1000分で538°F(10°C)に達します。
下のグラフは、理論と実験の測定結果の比較を示しています

1

結果/利点パーツの測定値は4.975°Fで1000インチで、0.035インチ(4.975マイナス4.94)の拡張が得られます。 500°Fと800°Fでは、膨張数はそれぞれ4.950と4.964でした。 を使用する場合
サーマルブランケットの加熱時間は約90秒短縮されます(8.5分ではなく10分)。

 

加熱収縮チューブ

 

 

 

 

 

 

誘導収縮フィッティングチューブ

 

 

 

 

 

 

 

シュリンクフィッティング鋼管