気密封止用はんだ付け用光ファイバ

IGBT誘導はんだ付けヒーターによるハーメチックシーリング用のはんだ付け光ファイバーケーブル

目的はんだ付け用途でコバールのフェルールと光ファイバーケーブルを297秒以内に10°Fに加熱し、ハーメチックシールを形成する
材質金被覆ケーブル、コバールフェルール、はんだ、フラックス
温度297ºF
周波数360 kHz
機器DW-UHF-特別に設計された誘導コイルを備えた4.5kW電源
プロセス特別に設計された4ターンの「C」字型コイルを使用して、ジョイント領域の近くのアセンブリに均一な熱を提供しました。 この設計では、コイルをジョイントに直接下げることができます。 コイルを通してフェルールアセンブリを供給する必要はありません。 フェルールと光ファイバーケーブルを接続するアセンブリにフラックスを適用しました。 RF電源を10秒間印加すると、はんだが溶けて流れました。
結果/利点一貫性のある再現可能な結果は、DW-UHF-4.5kW電源と10秒のヒートサイクルで達成されました。 はんだが均一に流れ、光ファイバーケーブルを
コバールフェルール。 誘導コイルのコンパクトな設計により、非常に小さな表面積がピンポイントの精度で加熱されました。

誘導はんだ付け光ファイバケーブル