誘導で銅に真鍮をろう付け

誘導で銅に真鍮をろう付け

目的:航空機の組立用エアラインで使用される銅管に真鍮製の端部コネクタをろう付けすること材料の真鍮製の端部コネクタ、異なる直径の銅管

温度1400ºF750°C

周波数350 kHz

機器DW-UHF-4.5KW誘導加熱システム、2個の0.33μFコンデンサを使用した3ターンヘリカル誘導コイル(合計0.66μF)

プロセス小径部品では、フラックスが部品全体に適用され、銅管と黄銅の接合部がろう付け用プリフォームを使用して組み立てられます(各接合部で同量のろう付けが可能になります)。 アセンブリをコイルに入れ、XNUMX − XNUMX秒間加熱して温度XNUMX°Fに達する。 より大きな銅管アセンブリの場合、同じプロセスが使用されるが、合金が接合部から流れ出るのを防ぐためにろう付け合金が接合部にスティック供給される。 プロセスのより良い制御を可能にするためにフットスイッチ制御が推奨されます。

結果/メリット

経済性:電力は暖房の間だけ消費されます

一貫性:ろう付け接合部の結果は再現性があり均一です