誘導予熱溶接鋼管

高周波暖房装置が付いている誘導の予熱溶接の鋼管

目的溶接の前に鋼管を500ºF(260ºC)に予熱すること。
材質スチールシャフトアセンブリ5 "から8" OD(127-203.2mm)、2 "(50.8mm)ヒートゾーン。
温度500ºF(260ºC)、より高い温度が必要な場合は、加熱時間を長くすることができます。
周波数60 kHz
機器•DW-HF-60kW誘導加熱システム。1.0個の8μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセスバスバーで調整可能なマルチターン3ポジションチャネル「C」コイルを使用して、目的のヒートゾーンを加熱します。 コイルは、さまざまな直径のパイプに合うように調整可能です。 シャフトを固定具内で回転させ、500分間加熱して、260ºF(XNUMXºC)の温度にします。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•予熱はシャフトへの衝撃を防ぎ、溶接段階での亀裂を防ぎます。
•製造にオペレーターのスキルを必要としないハンズフリー加熱。
•シャンクとスリーブの間の加熱の均等な分散。

誘導予熱溶接鋼管

 

 

 

 

 

 

溶接前の誘導予熱鋼管