誘導ろう付け鋼のヒント

Hihg周波数加熱システムを備えた誘導ろう付け鋼先端

目的トーチろう付けの代わりに誘導加熱によるろう付けのために、鋼の先端とシャンクのアセンブリを1300秒以内に704°F(3°C)に加熱すること。
材質直径0.1インチ(2.54mm)のスチールチップとシャンク、直径0.07インチ(1.78mm)のろう付けリング
温度1300°F(704°C)
周波数800kHz
機器DW-UHF-4.5kW誘導加熱システム、1.2つのXNUMXマイクロファラッドコンデンサを含むリモートヒートステーション。
プロセス3ターンヘリカルコイルを使用して歯科部品をろう付けします。 ろう付けリングは、鋼の先端とシャンクの接合領域に配置されます。 黒フラックスは、ジョイント領域に適用されます。 RF電力をXNUMX秒間印加して、部品を設定された目標温度まで加熱し、ろう付けペーストが均一かつ一貫して流れます。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
高速で正確な再現性のある熱
•正確な製造公差内で非常に小さな領域を加熱する機能
•よりよい接合部の質、減らされた酸化
•生産率の向上と人件費の削減