誘導はんだ付け真鍮加熱交換器

直列銅管の誘導はんだ付け黄銅加熱交換器 

目的真鍮製エンドキャップを一連の銅管にはんだ付けすること
材質銅管と2つの真ちゅう製エンドキャップを備えた組み立て済み熱交換器外径2.36インチ(60mm)、両端の厚さ0.08インチから0.12インチ(2から3mm)、液体はんだ
温度302ºF(150ºC)
482ºF(250ºC)
周波数237kHz
機器•DW-UHF-20kW誘導加熱システム。1.0μFのコンデンサをXNUMXつ含むリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセスデュアル2ターンパンケーキコイルを使用して、サイクルごとに18つの真ちゅう製キャップをはんだ付けします。 液体はんだをエンドキャップに吹き付け、302ºF(150ºC)でXNUMX秒間加熱して、フラックスを燃焼させます。 そうして
部品をはんだ付けするために、熱を482秒間250ºF(15ºC)に上げます。
成果
誘導加熱は提供します:
•暖房の均等配分
•ホットプレートと比較して、誘導加熱は30秒で60つの部分を加熱できるのに対し、XNUMX秒でXNUMXつの部分を加熱できます。
•増産
•ゆっくり加熱するプロセスと変色なし

誘導はんだ付け真鍮熱交換器

 

 

 

 

 

 

誘導はんだ付け真鍮エンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はんだ付け真鍮パイプ