誘導予熱ホットヘッディング

IGBTの誘導加熱装置が付いている単一の棒のための誘導の予熱の熱いヘッディング

目的ホットヘッディングアプリケーション用にワスパロイロッドを1500ºF(815.5ºC)に加熱します
材質ワスパロイロッド外径0.5インチ(12.7mm)、長さ1.5インチ(38.1mm)、セラミックライナー
温度1500°F(815.5°C)
周波数75 kHz
機器•DW-HF-45KW誘導加熱システム。1.32つの66μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセスXNUMXターンのらせんコイルを使用してロッドを加熱します。 ロッドをコイルの内側に配置し、XNUMX秒間電力を供給して、内部コアに浸透するのに十分な熱を供給します。 閉ループ温度制御には光高温計を使用し、ロッドがコイルに接触しないようにセラミックライナーを使用しています。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•低圧力と最小限の残留応力
•グレインフローと微細構造の改善
•暖房の均等配分
•最小限の欠陥で生産率を向上

誘導予熱ホットヘディング

高周波誘導ろう付けダイヤモンドインサート

高周波誘導ろう付けダイヤモンドインサート

目的: 誘導ろう付けダイヤモンドインサート 鋼製ドリルリングへ

材料 : •スチールリングとダイヤモンドインサート•ろう付けシムプリフォーム•フラックス

温度 :1300 - 1350(700 - 730)°F(°C)

周波数:78kHz

機器: DW-HF-15kW、 誘導加熱システム、2つの0.5μFコンデンサを含むリモートヒートステーションを装備(合計0.25μF)この用途のために特別に設計および開発された誘導加熱コイル。

プロセス: 必要な加熱パターンを生成するために、マルチターン内外螺旋コイル(A)が使用される。 リングの初期テストだけでシステムの調整が決まります。 部品にフラックスが塗布され、ろう付けシムがザグリ穴(B)に挿入されます。 これに合成ダイヤモンドが続きます。 部品がコイルに装填され、重りがダイヤモンド(C)の上に置かれます。 RF誘導加熱電力はろうが流れるまで加えられます。 電源が切られ、部分空気が室温まで冷却される。

結果/メリット• と比較してリングワープを低減 炉誘導加熱 •ランプアップ時間とクールダウン時間の短縮によるサイクルタイムの短縮