誘導とろう付けゴルフボール

誘導とろう付けゴルフボール

目的:ろう付けディンプルインサートへの鋼ゴルフボールモールドの加熱
材質:ゴルフボールモールド2”直径、ろう付け用フラックスペースト、ディンプルインサート
温度:1400°F(760°C)
周波数:260 kHz
機器•DW-UHF-10kW誘導加熱システム。0.5つの0.25μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセス1400ターンヘリカルコイルを使用してゴルフボールモールドを760分で3ºF(XNUMXºC)に加熱し、ディンプルインサートをろう付けフラックスペーストでモールドにろう付けします。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•火炎処理はありません。
•最小限の時間で、信頼性が高く、再現性があり、非接触でエネルギー効率の高い熱。
•暖房の均等配分。