誘導のろう付け用真鍮パイプ

誘導のろう付け用真鍮パイプ

目的:ブロックを1400°Fに加熱して、トラップチューブをアセンブリにろう付けします。

材質:真鍮製ブロックおよび予備成形チューブ

温度:1400°F(760°C)

周波数:350 kHz

機器DW-UHF-10KW誘導加熱システム•コイル:カスタムデザインの2ターンスプリットヘリカル•ワークヘッド:2個の1.0μFコンデンサ(合計0.5μF)が含まれています

プロセス真鍮部品、ろう付けプリフォームおよびフラックスは、カスタムデザインのコイル内に組み立てられて配置されます。 関節の誘導加熱は45秒で達成されます。

結果/メリット

経済性:誘導はコイル内の材料のみを加熱します。 周囲の材料や空気を加熱するのにエネルギーを無駄にしません。 加熱のために炎やガスを必要としない。制御:プロセスはろう付けプリフォームの使用に適している。 自動化に容易に適応するプロセス

効率:エネルギーは共同形成の間にだけ使われます