誘導収縮継手アセンブリ

誘導収縮継手アセンブリ

目的:焼きばめアセンブリ用の鋳鉄アセンブリを準備するために誘導を使用する
材料お客様が用意したさまざまなサイズの鋳鉄製ロッカーアーム
温度450°F(232°C)
処理時間20秒
周波数148 kHz
機器DW-UHF-5.0kW、150-400 kHz固体誘導加熱システム、1.0つのXNUMXμFコンデンサを含むリモートヒートステーションを装備
この用途のために特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセスXNUMXターンのらせんコイルは、アセンブリの一方の端にあるリングを加熱します。 コイルは、熱質量が最大になるアセンブリの中心に向かって磁場を集中させるように設計されています。
加熱されたリングを横切って、コイルはより軽いフィールドを提示します。 加熱後、ピンがリング内に配置され、アセンブリが水焼入れされます。
加熱時間は部品ごとに異なりますが、20秒未満です。
結果/利点誘導加熱は、次の点でこのプロセスのニーズを満たします。
急速加熱
•異なる形状の部品に対する柔軟性
•自動化に適した、個別のシリーズ部品加熱
•クリーンな熱源
•均一な熱分布

誘導収縮継手アセンブリ