誘導を伴う銅バーへのろう付けワイヤ

誘導を伴う銅バーへのろう付けワイヤ

目的:ワイヤーストリッパー用に圧縮されたリッツワイヤーバンドルを加熱してから、自動車モーターで使用するためにリッツワイヤーバンドルを銅ブロックにろう付けします。
材質:圧縮されたリッツ線束幅0.388インチ(9.85mm)、厚さ0.08インチ(2.03mm)の銅棒幅0.5インチ(12.7mm)、厚さ0.125インチ(3.17mm)、長さ1.5インチ(38.1mm)のろう付けワイヤーと白フラックス
温度1400°F(760°C)
周波数300 kHz
機器•DW-UHF-10kW誘導加熱システム。1.5つの0.75μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセス:ワイヤーストリッパープロセスには3ターンのらせんコイルが使用されます。リッツワイヤーバンドルをコイルに0.75秒間配置して、バンドルの端からラッカーを19インチ(45mm)ストリップします。 次に、ワイヤーの束を金属ブラシでこすり、焦げたラッカーを取り除きます。 ろう付けプロセスには、60ターンチャネルコイルが使用されます。 リッツ線と銅のアセンブリはコイルに配置され、ろう付け線は手で供給されます。 ろう付けはXNUMX〜XNUMX秒で完了します。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•一貫した再現性のある結果
•処理時間の短縮、生産量の増加
•暖房の均等配分