誘導とろう付け眼鏡フレーム

誘導とろう付け眼鏡フレーム

目的:眼鏡フレームを組み立てるための再現性のあるろう付け接合部を作ります。 誘導加熱を使用して、ノーズブリッジ、ブロウブリッジ、およびノー​​ズピースに高品質のろう付け接合部を形成します。 ろう付けは1300°Fで行われ、加熱には約3〜5秒かかります。 限られたろう付け後の洗浄が好ましいので、表面品質は最も重要である。

材質:18%銀ろう付モネルブリッジ

温度:1300°F

周波数:600 kHz

機器:DW-UHF-4.5KW出力ソリッドステート誘導電源。

プロセスDW-UHF-4.5KW出力ソリッドステート誘導電源を使用して、次の結果を達成しました。•13000ターン、内径3インチの横方向ヘリカルコイルを使用して、0.2秒でXNUMXFの温度に到達しました。 このコイル設計により、特定の領域にピンポイントで熱を加えることができます。 •水素と不活性剤からなるガスフラッドを使用したため、表面の傷は最小限に抑えられました。 水素は、フラックスの必要性を排除する「フラックス」剤として機能します。 不活性ガスは、ろう付け温度での金属部品の酸化を排除します。 これらのXNUMXつの機能により、ろう付け後のクリーンアップを必要とせずに完成品が製造されます。 •完成品を簡単に取り外すことができる横方向の加熱を使用しているため、現在の固定具を維持できます。 結果全体として、誘導加熱は、眼鏡フレームの製造用に高品質のろう付け継手を製造するという顧客が設定したすべての目的を達成しました。