誘導を用いる黄銅の付属品へのろう付けの銅管

誘導を用いる黄銅の付属品へのろう付けの銅管 

目的:プリフォームろう付けワイヤを使用して銅管を黄銅製継手にろう付けするために誘導加熱を使用すること。 処理は窒素と4%水素ガスの雰囲気下で行われます。 ろう付けプリフォームは華氏温度で溶融するが、部品は華氏温度以下に保つ必要がある。 部品は1時間あたり1190から1300の割合で処理する必要があり、これは1部品あたり175秒の加熱時間に相当します。

材質銅管、外径0.5インチ、長さ2インチ、真ちゅう製フィッティング、ろう付けプリフォーム、フラックスなし。

1190°Fを超えないが1300°Fを超えない温度

周波数:300 kHz

機器:DW-UHF-10KWは、3つの(3)バス、8つの(8)コンデンサ(合計0.66μF)、および独自の4回転ヘリカルコイルを備えたソリッドステート誘導加熱電源です。 プロセスDW-UHF-10KW出力ソリッドステート電源と独自の4ターンヘリカルコイルを使用して、以下の結果を達成しました。

結果•95%窒素/ 5%水素を25-30 cfhの割合で供給することにより、ベルジャーの下に要求された雰囲気が提供されました。 •10秒の必要限度を超える十分なろう付け流を達成するためには、18秒のみの加熱サイクルが必要でした。

誘導付ろう付銅管

誘導付ろう付銅管

目的:銅管(外径3/8インチ、長さ2〜4インチ)を3秒未満で8/10インチの継手にろう付けします。 部品を簡単にロードできるように、チャネルタイプのコイルで加熱する必要があります。

材料銅管およびろう付けおよび留め具付きSilv White Flux

気温1300°F

周波数215 kHz

機器DW-UHF-10kwは、合計8個の0.33μFのコンデンサを内蔵する標準ヒートステーション、降圧トランス、および特別に設計された誘導加熱コイルを備えたソリッドステート誘導電源です。

プロセスDW-UHF-10kw固体誘導電源を次の結果を達成するように設定した。・2.0 kWの電力を銅管に直接装填し、ろう付けに必要な7.2Fに達するために13000秒の加熱時間をもたらした。

結果と処理の容易さは、1ターンの8/XNUMXインチ銅で構成される独自のチャネルタイプのコイルの設計によって達成されました。