銅をステンレス鋼にろう付け

説明

DevOps Tools Engineer試験のObjective
銅管をステンレス鋼管に誘導ろう付け。 極低温ポンプとハウジング。

設備
DW-HF-15kw / 25KW / 45KW 誘導加熱装置

DW-HF-45KW誘導ヒーター

テスト1

素材
極低温ポンプおよびハウジング–銅キャップ(外径2インチ(25.4mm)、長さ3インチ(76.2mm)、厚さ0.15インチ(3.81mm)、壁の深さ1.4インチ(3.81mm))、ステンレス鋼シャフト(外径1.7インチ(43.18 mm)、長さ6インチ(152.4 mm)、終了時に大きな質量に取り付け、厚さ0.1インチ(2.54 mm)。)

力: 25キロワット
温度: 1145°F +(618°C)
時間: 40秒未満

テスト2

素材
極低温ポンプとハウジング–銅スリーブ(外径3.6インチ(91.44 mm)、厚さ0.1インチ(2.54 mm)、高さ2.7インチ(68.5 mm)、外径3.8インチ(96.52 mm)リップ、0.6インチ(厚さ約15.2mm)、厚さ約0.85インチ(21.5mm)、リップ付き部品の高さは全体で3.14インチ(79.7mm)、SSシャフトは奥行き2.66インチ(67.5mm)、SSシャフト(3.4インチ(86.3mm)外径、内径3.2インチ(81.2 mm)、高さ7.5インチ(190.5 mm)以上、片方の端に小さいキャップとシャフトが取り付けられ、もう一方の端に大きい8インチ(203.2 mm)のベース)

力: 16.06kW
温度: 1145°F +(618°C)
時間: 1分30秒から3分

テスト3

素材
極低温ポンプおよびハウジング–銅スリーブ(外径3.5インチ(88.9 mm)、厚さ0.1インチ(2.54 mm)、高さ2.1インチ(53.3 mm)、外径5.3インチ(134.6 mm)、外径0.74インチ)高さ18.7 mm)、厚さ約1インチ(25.4 mm)、リップ付き部分の高さは全体で2.8インチ(71.1 mm)、ステンレススチールシャフトは奥行き2.66インチ(67.5 mm)、ステンレススチールシャフト(3.35インチ(85.0) mm)外径、内径3.2インチ(81.2 mm)、高さ7.5インチ(190.5 mm)以上、片方の端に小さいキャップとシャフトが取り付けられ、もう片方に大きい方の5.5インチ(139.7 mm)ベース)

力: 9.09kW
温度: 1145°F +(618°C)
時間: 約20〜30秒

テスト4

素材
極低温ポンプおよびハウジング–銅製キャップ(外径2.7インチ(68.5mm)、高さ2.85インチ(72.3mm)、壁0.6インチ(15.2mm)、深さ1.4インチ(35.5mm)のステンレス鋼シャフト上にあります)、ステンレス鋼シャフト( 1.54インチ(39.1mm)外径、0.9インチ(22.8mm)厚壁、6.5インチ(165.1mm)高さ、終了時に大きな質量に取り付け)銅の反対側に追加のステンレス鋼キャップ、2.44インチ(61.9mm) )外径、高さ0.8インチ(20.3mm)以上、上部に0.88インチ(22.35mm)のステム、高さ1.4インチ(35.5mm)、内径0.66インチ(16.7mm)

力: 14kW
温度: 1145°F +(618°C)
時間: 1分50秒

結果と結論:

テスト1:テストははるかに低い電力で開始され、25秒後に15 kWまで上昇しました。 誘導ろう付けは成功しました。

銅製キャップの半分だけを包むよりタイトなコイルの使用をお勧めします。 これにより、合金のある場所にのみ熱が集中し、加熱時間が短縮されます。

テスト2:部品のリップによってクリアランスの問題が発生したため、特大のコイルを使用してテストを行いました。 フルサイクルのおおよその時間は20〜30秒です。 より低い周波数は、フィールドを銅を越えて鋼自体に深く浸透させ、結果として加熱時間を短縮することにより、アプリケーションにとって有益であるように思われました。

テスト3:テストは14 kWで行われ、DW-HF-15KWに必要な時間サイクルをシミュレーションしました 誘導加熱システム。 この部品は、銅の質量のために最も長い加熱時間が必要になります。 より大きな電源を使用することで、加熱時間を短縮できます。

すべてのテストの加熱時間は、 誘導加熱コイル 特定の部品のためにそして頻度を下げることによって。 大型の誘導システムを使用する場合は、部品に損傷を与えないように、温度コントローラと高温計を強くお勧めします。 15kW誘導加熱システムを使用している場合でも、温度コントローラーと高温計は推奨されますが、部品の損傷のリスクは軽減されます。

 

=