誘導収縮継手ベアリング

説明

IGBTの高周波暖房装置が付いている誘導の収縮の適切な軸受け

焼きばめ用途のためのころ軸受アセンブリを加熱すること
材質スチール製ベアリング、直径1”〜3.5”(25.4〜89mm)
温度300ºF(150ºC)
周波数180 kHz
機器DW-UHF-6kWソリッドステート誘導電源。0.1つの0.2μFコンデンサ(合計XNUMXμF)を含むリモートヒートステーション、このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイルを備えています。
プロセスマルチターンヘリカルコイルを使用して、必要な熱パターンを生成します。 ベアリングは誘導加熱コイルの内側に配置され、その軸はコイルの軸に垂直で均一に供給されます
ベアリングのさまざまなサイズのリングに加熱します。 これにより、ベアリングアセンブリが適切に成長し、その後スチールシャフトが収縮します。 (シングルコイル設計であらゆるサイズのベアリングを加熱できます。)温度表示塗料は、温度の均一性と到達に必要な時間を検証します
温度。 ベアリングアセンブリは十分に加熱され、300〜350秒で150〜175ºF(30〜60°C)に達します。 一度加熱されると、ベアリングは使用せずにシャフトに簡単に収縮します
外力。
結果/利点マルチターンヘリカルコイルは、横モードでベアリングサイズの全範囲に均一な熱を供給します。 この単相電源を使用すると、設置が大幅に簡素化され、携帯性が向上します。誘導システムをカートに配置して、焼きばめに熱を必要とする製造エリアに移動できます。

誘導焼きばめ軸受