誘導溶融ガラス

説明

IGBT誘導加熱装置を備えた誘導溶融ガラス炉

目的:グラスファイバー溶融用途のために、2200分以内に金属サセプタ容器を25°Fに加熱すること
材質:金属製サセプタ容器
温度:2200°F
周波数:300 kHz
設備:DW-MF-70kW RF誘導加熱電源、遠隔加熱ステーション、特別設計の誘導コイル。
プロセス:金属製の容器に適合するように成形された特別に設計された誘導コイルを使用して、容器に均一な熱を供給しました。 加熱パターンと温度までの時間を確立するために、初期テストが実施されました。 RF誘導加熱電力が11分間適用され、容器は
2,200°Fの温度。 容器内のガラスがドレンチューブを通して空になったときに使用するために、追加の3kW電源が提案されました。
結果:DAWEI誘導加熱電源とコイルを使用すると、均一で再現性のある結果が得られました。 容器は2200°Fに維持できるため、ガラスを溶かして繊維を伸ばすことができます。
誘導溶融ガラス