誘導加熱熱間圧延

商品の説明

IGBT誘導加熱方式による誘導加熱熱間圧延

目的熱間圧延(研ぎ)プロセスの前にプラウディスクの周囲を加熱すること
材質フラットボロンスチールディスク、外径460〜710 mm(18〜28インチ)厚さ3.2〜10 mm(8 / 64〜25 / 64インチ)
気温725°C 1335°F
周波数75 kHz
機器DW-HF-120つのワークヘッドを使用した2kW誘導加熱システム、スイッチングシステム、4つの特別に設計されたコイル、チラーシステム
プロセスPLCシステムでは、XNUMX台の圧延機のそれぞれにリモートワークヘッドと回転プラットフォームが装備されており、ディスクは水平に保持され、中央の非磁性体によって所定の位置に保持されます。
ディスクの直径より100mm小さいプレート。 250 mm(10インチ)の加熱コイルは、圧力ロールの前で回転してブレードの上に配置されます。 これにより、ディスクの端全体が加熱されます。
数秒の加熱後、エッジが必要な温度に達し、ディスクが30rpmで回転します。 圧力が近くに転がり、鋭いエッジプロファイルを形成します。 最終的なエッジは、ディスクをXNUMX回転させた後に取得されます。
結果/利点誘導加熱は、冷間圧延と比較してはるかに迅速なプロセスを提供します。 目的のプロファイルは、数分と比較して、数秒後に達成されます。 プロセスが材料を効果的に硬化させるため、完成したエッジの冶金学的品質が高くなります。
機器とプロセスはロボットの自動化に役立ちます

誘導加熱熱間圧延

 

 

 

 

 

 

誘導熱間圧延