誘導加熱収縮鋼フランジ

説明

IGBTの暖房の付属品が付いている誘導加熱の収縮の鋼鉄フランジ

目的熱収縮用途のために鋼フランジを加熱すること。 所望の温度に達すると、適切な膨張が生じ、グラファイトシール上にフランジを配置できるようになります。
材質グラファイトシール直径1インチ(25.4mm)のスチールフランジ
温度表示ペイント
温度700°F(370°C)
周波数206 kHz
機器DW-UHF-4.5kW、150-400 kHzソリッドステート誘導電源、0.66μFコンデンサをXNUMXつ含むリモートヒートステーションを装備。
この用途のために特別に設計および開発されたXNUMXターンヘリカル誘導加熱コイル。
プロセス部品は誘導加熱コイルの内部に配置され、鋼が加熱されるまでコイルに電力が供給されます。 これは、成形品の温度までの時間と加熱パターンを決定するために行われます。
複合アセンブリは均一に加熱され、700〜370秒で10 F(12°C)に達します。
結果/利点鋼が目的の温度に達すると、グラファイトに簡単に滑り落ちます。
利点には、迅速な加熱サイクルによる均一で正確な加熱が含まれます。

誘導加熱収縮フランジ