誘導予熱銅棒

銅棒を温度に予熱する誘導

目的: 30本の銅棒を5秒以内に予熱して温度を上げます。 クライアントは、不十分な結果をもたらしている競合他社のXNUMXkW誘導加熱システムの交換を検討しています
材料:  銅棒(1.25” x 0.375” x 3.5” / 31mm x 10mm x 89mm)
–熱表示塗料
温度: 750°F(399°C)
対応周波数: 61kHz
詳細 :DW-HF- 15kW、50-150 kHz 誘導加熱電源 1.0つのXNUMXμFコンデンサを含むリモートワークヘッド付き
–この加熱アプリケーション用に設計および開発されたデュアルポジション、マルチターンヘリカルコイル
誘導加熱プロセス: 銅棒の表面に熱表示塗料を塗布し、コイルの内側に棒を配置しました。 部品を30秒間加熱し、温度に達しました。 プロセスの次のステップは、デュアルポジションコイルの30つの部品を加熱することでした。 部品をコイルに挿入し、XNUMX秒以内に温度まで加熱しました。
同じ時間内にXNUMXつの部品を温度まで加熱するには、XNUMXつの電源とXNUMXつのデュアルポジションコイルが必要です。

結果/メリット

—速度:誘導は時間要件を満たすことができました。
—プロセス開発:HLQラボチームは、クライアントが古い劣ったもので見たものよりも優れた結果を達成する新しい加熱プロセスを開発するのを支援することができました 誘導加熱システム
—プロセス効率:誘導と適切な誘導パートナーにより、時間、エネルギー、スペース効率の高いシステムが実現しました。
設計