誘導予熱銅棒

エポキシ硬化用途向けの高周波誘導予熱銅ロッドおよびコネクタ

誘導予熱 エポキシ硬化用途の銅棒とコネクタ

目的:電気ターンバックルの製造プロセス中にエポキシ硬化する前に、銅棒と長方形コネクタの一部を温度に予熱すること
材質:お客様が用意したメッキ銅棒(12 "x 2" x 1 "/ 305mm x 51mm x 102 mm)およびコネクタ
温度:302ºF(150ºC)
周波数:25 kHz

誘導加熱装置:

-DW-HF-60kW 15-45 kHz 誘導加熱システム 21つのXNUMXμFコンデンサを含むリモートワークヘッドを装備

高周波誘導加熱装置
–このアプリケーション用に特別に設計および開発されたシングルポジションXNUMXターンヘリカル誘導加熱コイル

誘導加熱プロセス

銅棒とコネクタは内部に配置されました 誘導加熱コイル そして電源が入りました。 部品は55秒以内に温度に加熱されました。 温度に加熱した後、部品を移動し、エポキシ硬化/成形プロセスを実行しました。 クライアントはこれらのロッドを予熱するために大きなオーブンを使用していました。
コスト効率が悪かった。 誘導は、より速く、より費用効果の高い加熱方法を提供します。

結果/利点–速度:誘導により部品が急速に温度に加熱されました
–効率:誘導は、これらの部品をそれらの部品と比較した場合、温度まで加熱するはるかに効率的な方法です。
大型オーブン
–精度:誘導により、加熱が必要なロッドの部分のみを加熱することが可能になりました