誘導予熱溶接自動車用トランスアクスル

説明

誘導予熱溶接自動車用トランスアクスル

目的: 3.6本のウェルドラインを備えた外径91インチ(662 mm)のスチールアクスルを350ºF(XNUMXºC)に予熱し、各ウェルドラインをXNUMX秒以内に温度に加熱します。

材料: お客様が用意した外径3.6インチ(91 mm)のスチールアクスル

温度: 662°F(350°C)

対応周波数: 121kHz

装置: DW-HF-45kW 50~150kHz 誘導加熱システム 直列並列に1.0つのXNUMXμFコンデンサを含むリモートヒートステーションを装備
–シングルポジションの内部ボア 誘導加熱コイル このアプリケーション用に特別に設計および開発されています。

誘導ろう付け機誘導予熱プロセス: スチールアクセルは温度表示塗料で塗装され、熱電対が部品に取り付けられました。 鋼製アクセル内に誘導加熱コイルを配置し、電源を入れた。 このアプローチにより、クライアントの希望に応じて、溶接ラインを662秒以内に350ºF(XNUMXºC)に加熱することができました。 電源は、希望の加熱時間(この場合はXNUMX秒)後にオフになるようにプログラムすることができます。 次に、コイルをXNUMX番目のウェルドラインとXNUMX番目のウェルドラインに移動できます。

結果/メリットプロセス: コイルが車軸の内側にあるため、邪魔にならず、次の溶接ラインに簡単に移動できます。
–速度:誘導と提案されたプロセスにより、ウェルドラインを目標内の温度に加熱できます
時間
–無料のラボテスト:これはクライアント向けの新しいプロジェクトであり、HLQラボサービスリクエストテストにより、クライアントは次のことが可能になりました。
それらのアプリケーションをテストし、革新的なアプローチが設計されました