誘導予熱棒鋼

カテゴリー:

説明

RF IGBTの誘導加熱装置との熱い形成のための誘導の予熱の棒鋼

目的:熱間成形されたUボルトを鍛造する前に丸鋼棒鋼を予熱する
材質.795 "(20.19mm)直径の丸鋼棒鋼ストック15"(381 mm)長さ
温度1500°F(816°C)
周波数20kHz
機器•DW-MF-90kW誘導加熱システム。1.0個の2.0μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセスセラミックインサート付きの15ターンヘリカルコイルを使用して、棒鋼ストックの381インチ(9.90 mm)セクションを予熱します。 部品全体を1500ºF(816ºC)に加熱するために、XNUMX秒間電源が供給されます。 次に、ピースはダイに配置され、Uボルトに成形されます。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
加熱による均一化
•大量、迅速な鍛造
•スケール形成が減少し、鋼は長期間酸化温度を超えたままになりません
•高速でエネルギー効率の高い熱

誘導予熱棒鋼

 

 

 

 

 

 

 

誘導予熱鋼棒