誘導ろう付けT字型銅管アセンブリ

高周波誘導ろう付けT字型銅管アセンブリ

目的:

テスト1 – T字型銅管アセンブリの誘導加熱ろう付け– 3つのジョイントを同時に
テスト2 –誘導加熱による銅管のろう付け

産業: HVAC

材料: 銅塊茎6、8、10、12 mm(015/64、 05/16、 025⁄64、 015⁄32インチ。 ); 厚さ:1 mm(03/64 インチ。)

合金: Cu-P-Agリング

先端: ハンドヘルドろう付けガンでは、合金リングの使用を強くお勧めします。

機器: DW-UHF-20kw誘導加熱ろう付け機

力:

テスト1(7-8kW)
テスト2(6.5-9.2kW)

時間: 8秒

コイル: レギュラー 誘導加熱コイル。 ご要望によりカスタムコイル設計も承ります。

プロセス:

XNUMXつ成功しました 誘導ろう付け いくつかの銅線アセンブリでテストします。 まず、Cu-P-Ag合金リングを銅管の細い方の周りに配置しました。 追加のフラックスは必要ありませんでした。 次に、パイプを注意深く位置合わせしました。 誘導ろう付けのプロセスが開始されました。 一度 誘導ろう付け が完了したら、XNUMXつのサンプルを冷水に浸して瞬時に冷却しました。 余分な量のフラックスをさらに洗浄できます。