誘導ろう付け鋼製タンク

説明

誘導加熱でろう付けする鋼製タンク

このアプリケーションの目的は 誘導ろう付け 石油・ガス産業向けの円筒形鋼タンク。 プロパンタンクメーカーである顧客は、誘導加熱を利用して製造プロセスを改善し、従来の炉加熱を置き換えることでエネルギー効率を高めたいと考えています。

装置:

DW-HF-45kW 誘導加熱システム このアプリケーションで使用されました。

誘導ろう付けプロセス:

スチールタンクはカスタム設計された内部に配置されました 誘導加熱コイル。 所望のろう付け温度は、40 kWの出力で15秒で800°C(1472°F)の温度に達しました。

産業:石油・ガス産業、パイプライン、船舶、タンク、ボイラー、またはその他の金属の仕事