誘導ろう付銅管

商品の説明

高周波RF加熱装置が付いている誘導ろう付けの銅管

研究目的

フラックスや酸洗いを行わずにろう付けするために、1450秒以内に不活性雰囲気中で45°Fまで銅管アセンブリを加熱すること。

部品と材料の説明

銅管組立品、感温塗料、ろう付けプリフォーム

必要な温度

1450°F

誘導加熱装置

DW-UHF-10kW誘導加熱電源、1.25つの0.625マイクロファラッドコンデンサ(累積静電容量XNUMX mfd。)および特別に設計されたインダクタ(コイル)を備えたリモートヒートステーション

動作周波数

400kHz

加熱手順

テストは、2%アルゴンと95%水素ガスの混合物を含むABS Mark 5で行われました。 特別に設計された4ターンスプリットヘリカルインダクタを使用して、チューブアセンブリの接合部を最適に加熱しました。 裸部品および温度感知塗料を用いて初期試験を行って時間 - 温度および加熱プロファイルを確立した後、XNUMX°FでXNUMX°Fの温度に達してろう付けプリフォームを溶融した。

結論

1450秒以内に45°Fで成功した結果が得られた。 熱は管アセンブリを通って伝導するので、同じアセンブリ上の後続の接合部はより少ない時間で済むであろう。 ろう付け銅管アセンブリはのための優れたアプリケーションです。 誘導加熱.

ろう付け銅管