パイプ端にろう付けパイプ

説明

DevOps Tools Engineer試験のObjective
誘導ろう付け パイプとパイプの端部アセンブリ接続。

素材
チューブの長さは39.3インチ(1 m)〜236.2インチ(6 m)です。

機器:

DW-UHF-10KW誘導加熱ろう付け機

主要なパラメータ

温度: 約1382°F(750°C)
時間: 平均1分から30秒

結果と結論:

チューブの端の長さは現在の1.57インチから3.94インチ(40mmから100 mm)まで変化し、穴あきチューブの長さは3.28フィートから19.685フィート(1mから6 m)まで変化します。 ラップジョイントの長さは、将来最大0.28インチ(7 mm)に達する可能性があります。

品質要件:ラップジョイント、すべての穴、ラップの内側の端のジョイントライン、およびチューブの外径のジョイントラインは、ろう付けフィラーで完全に満たされている必要があります。
ジョイントには、物理​​的な強度要件もあります。

適切なろう付けされたジョイントとフィクスチャの最終パラメータとフラックスおよび溶加材の要件を提案します。最終的なチューブの外径は最大1.97インチ(50 mm)に達します。 長さはあまり変わりません。 穴あきチューブの厚さは、最大0.079インチ(2 mm)に達する場合があります。