高周波ろう付ステンレス鋼管

説明

高周波暖房装置が付いている誘導加熱ろう付けのステンレス鋼の管

研究目的

2本のステンレス鋼管を低温で20秒以内にろう付けする

部品と材料の説明

(2).350 OD鋼管、端にわずかなフレアがあるもの。 BAg-24ろう付けワイヤ、ブラックフラックス

必要な温度

1330°F

誘導加熱装置

DW-UHF-10kW 高周波誘導電源、外径4”の1.5ターンヘリカルインダクタ(コイル)

動作周波数

300 kHz

加熱手順

試験は屋外の大気中で行われた。 特別に設計された4ターンのヘリカルインダクタを使用して、接合部を最適に加熱しました。 初期の試験は、裸部品および温度感知塗料を用いて行われ、温度までの時間および加熱プロファイルを確立した。 BAg − XNUMXろう付けワイヤは、真っ直ぐな管部分の外径に合うようにプリフォームに成形された。 ブラックフラックスも両方のチューブに塗布した。 次に、2つのチューブ部分を、フレア状のチューブ部分に対してろう付けプリフォームと一緒に合わせた。 RF電力が24秒間印加された後、ろう付けワイヤは18°Fの温度に達した。 それからワイヤーは溶けて関節に流れ込んだ。 RF電力をさらに2秒間維持して、全てのろう付けワイヤを確実に溶融させた。

結論

1330秒以内に20°Fで一貫した再現性のある結果が得られました。 ろう付けワイヤが溶けて接合部に均等に流れ込んだ。

誘導ろう付け鋼管