高周波ろう付け用ステンレス鋼工具

説明

RFの加熱装置が付いている誘導加熱ろう付けのステンレス鋼用具

研究目的

誘導加熱を用いて歯科用プロフィージェットアセンブリに3つの接合部をろう付けする。 歩留まりの一貫性を改善し、サイクルタイムを短縮します。

部品と材料の説明

ステンレス製プロフィーノーズピース、チューブ2本、チューブサポートカラー、ろう付け合金リング、B1フラックス

必要な温度

1400°F

誘導加熱装置

DW-UHF-4.5kW RF誘導加熱電源、特別に設計されたインダクタ(コイル)

動作周波数

400 kHz

加熱手順

初期試験は、温度 - 時間および加熱プロファイルを確立するために行われました。 2段階のプロセスが最適な結果をもたらすと判断されました。 このアプリケーションでは、特別に設計された4ターンの2重巻きヘリカルインダクタを使用して、接合部に均等に熱を供給しました。 2本のチューブ、チューブ支持カラーおよびノー​​ズピースを組み立てて仮固定して所定の位置に保持した。 ろう付け合金リングを定位置に置き、BXNUMXフラックスの薄いコートをアセンブリ全体に塗布した。 加熱プロセスの第一段階では、アセンブリの上部チューブ端部を加熱ゾーンに置き、誘導電力を1秒間供給した。 段階2では、アセンブリを逆にし、アセンブリの下端をさらにXNUMX秒間加熱した。 次にアセンブリを取り出し、熱水に浸してフラックスを除去し、そして熱風で送風乾燥した。

結論

DW-UHF-4.5kW電源と10の2回目のヒートサイクルで、一貫した再現性のある結果が得られました。 各ろう付け接合部を均一なフィレットで密封した。

ろう鋼工具