誘導ろう付けシャフト

説明

高周波誘導加熱ろう付けヒーター付き誘導ろう付けシャフトと超硬

素材:コーン型カーバイド直径1.12インチ(28.4mm)、高さ1.5インチ(38.1mm)、ステンレス鋼シャフト直径1.12インチ(28.4mm)、さまざまな長さ、黒色ろう付けフラックスおよびろう付けシム

温度 : 1500°F(815°C)
対応周波数: 300kHz
機器: DW-UHF-10 kW誘導加熱システム、2つの1.0μFコンデンサを含むリモートワークヘッドを装備し、合計0.5μF

•この用途向けに特別に設計および開発された誘導加熱コイル。

プロセス:

炭化物をシャフトにろう付けするために3ターンのヘリカルコイルが使用されます。 スチールシャフトはフラックス処理され、ろう付けシムは上部に配置されます。 カーバイドチップはフラックスされてシムの上に置かれ、カーバイドの皿穴に並ぶ。 フラックスがガスを放出し、そしてカーバイドに圧力を生じさせそしてシャフトから反発しようとするので、穴はフラックスされない。 ろう付けシムが流れて良好な接合部を作るためにXNUMX秒間力が加えられる。

結果/メリット 誘導加熱は提供します:
•必要な場所でのみ急速な局所加熱
•清潔で制御可能なジョイントを作成
•製造のためのオペレータスキルを必要としないハンズフリー加熱
•暖房の均等配分

シャフトへの誘導ろう付け超硬

 

 

 

 

 

 

 

 

誘導ろう付けシャフト