触媒触媒の端部を加熱する

商品の説明

高周波暖房機との溶接テストのための触媒コンバーターの端を誘導加熱

目的ローリー触媒コンバーター排気システムの端を加熱します。 アセンブリを振動させて溶接強度をテストする間、アセンブリを目標温度で200時間保持する必要があります。
材質スチール
温度842 - 932°F(450-500°C)
周波数75 kHz
機器DW-HF-15kW、誘導加熱システム、5つの10μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドと、設計および開発された誘導加熱コイルを装備
このアプリケーション専用です。
プロセス/説明5ターンの円錐形のソレノイドコイルを使用して、溶接強度テスト中に排気システムの端を加熱します。 目標温度に達するまで約XNUMX分かかります
842〜932ºF(450〜500ºC)。 次に、この温度を200時間保持し、システムを振動させて運転条件をシミュレートします。 次に、溶接部に亀裂がないか検査されます。
結果/利点電源の高精度出力は、厳しい許容範囲内で目的の温度を維持します。