自動車部品の誘導予熱溶接

説明

誘導加熱装置を備えた誘導予熱溶接自動車部品

目的溶接用途のために300秒以内にトラックの車軸の継ぎ目を15°F以上に予熱し、電力が供給された後15秒間溶接ゾーン内の温度を維持すること
オフ。
スチールトラックの車軸。 350°と400°Fの温度を示す塗料; 350°、375°と400°Fの温度を示す「クレヨン」
気温350°F
周波数75 kHz
機器DW-HF-35kW電源、1.2つのXNUMXμFコンデンサーを備えたリモートヒートステーション、および特別に設計されたパンケーキ誘導コイル。
プロセス400秒で車軸を15°回転させる固定具を作成し、誘導コイルを車軸の上に配置しました。 車軸の周囲(コイルの下)は、350°Fと400°Fの温度表示塗料で塗装されています。 車軸が回転している間、RF電力が15秒間適用されました。 すべて
塗料が溶けて、車軸温度が400°Fを超えていることが確認されました。 RF電源を遮断し、温度「クレヨン」をすぐに車軸に当てて温度を監視しました。 400°Fのクレヨンは溶けませんでした。 375°Fのクレヨンが15秒間溶けました。 350°Fのクレヨンが30分間溶けた
秒です。
結果スチールアクスルは400秒以内に15°F以上に加熱され、350°Fを超える温度は電源がオフにされた後30秒間維持され、溶接アプリケーションの要件を満たしました。