端子への誘導はんだ付けケーブル

DevOps Tools Engineer試験のObjective
端子へのケーブルのはんだ付け 誘導を使用して20秒未満で。

設備
DW-UHF-6KW-Iハンドヘルド誘導ヒーター

素材
•0.078インチ2 (50mm2)ケーブル端子
•0.078インチ2 (50mm2)ケーブル
•はんだ合金Sn60Pb38Cu2

主要なパラメータ
パワー:2.8キロワット
時間:15-20秒
温度:500°F(260°C)

プロセス:

  1. 0.078インチ2 (50mm2)ケーブル端子は0.078インチに接続されています2 (50mm2)ケーブル
  2. アセンブリはコイルの内側に配置され、 誘導加熱 適用される。
  3. 温度までの時間は約4〜5秒です。 温度を一定に保ち、はんだ付けプロセスを完了します。 機械の始動と停止にはフットスイッチを使用します。
  4. 15〜20秒後、ケーブルとケーブル端子が正常にはんだ付けされます。

結果/メリット
プロセスに適した誘導加熱システム:

DW-UHF-6KW-Iハンドヘルド誘導ヒーター

DW-UHF-6KW-Iハンドヘルド誘導ヒーターは、温度に到達してはんだ付けを完了するまでに長い時間が必要です。

誘導加熱 提供:

  • 強い耐久性のあるジョイント
  • 選択的で正確な加熱ゾーンにより、部品の歪みと接合部のストレスが軽減
  • 酸化が少ない
  • より速い加熱サイクル
  • バッチ処理を必要としない、より一貫した結果と大量生産への適合性
  • クリーンで安全な汚染のない技術