銅パイプへの誘導ろう付け真鍮スタッド

銅パイプへの誘導ろう付け真鍮スタッド

目的:

真鍮スタッドを銅パイプに誘導ろう付け

クライアント:

産業用暖房アプリケーション用コイルのメーカー。

装置:

DW-UHF-40KW 誘導ろう付けシステム – XNUMXつのモジュール。

材料: 真ちゅう製スタッド(サイズ:直径25mm、高さ20mm)

力: 30 kW

プロセス: 

この間の主な課題 誘導ろう付けプロセス コイルの設計が、技術者が最も便利な方法でコイルを配置しやすいようにすることです。 誘導コイルは、最初のスタッドを溶かすことなく、XNUMX番目のスタッドを予熱できるようにする必要があります。

第一に、電解銅セクションは、ターン間の等間隔を維持しながら、ガストーチによってスチールフォーマーに巻かれます。 次に、銅のターンを必要な温度近くまで加熱し、電源がオンになっている間、技術者は、指定された中心にろう付けリングを使用して真ちゅう製のスタッドを手動で配置する必要があります。 ろう付けの過程で、誘導コイルは毎分58 mm – 33kWの速度で移動します。
パワーを上げると、それに応じて速度が変化します。

結果と結論:

  • 高速、クリーン、安全 誘導ろう付け プロセス
  • 再現性の保証
  • 時間と温度の正確な制御