鋼への誘導ろう付け炭化物

DevOps Tools Engineer試験のObjective
鋼に炭化物をろう付けする高周波誘導。

推奨装備
このアプリケーションに推奨される機器は DW-HF-45KW誘導加熱ろう付け機 リモート暖房ステーション付き。

誘導ろう付け機材料:
  • 超硬を備えた大型磁性鋼ドリルヘッド。 頭は約です。 8 "OD x 4"(203.2mm OD x 101.6mm)厚、シャフトは11 "(279.4mm)長さx 2"(50.8mm)から5 "(127mm)ODです。
  • カーバイド1.125インチ(28.5mm)長さx 0.75インチ(19.05mm)外径、ドーム型トップがヘッドに取り付けられており、約凹んでいます。 ヘッドに0.8インチ(20.3mm)。

力: 37kWまで
温度: 1500°F +(815°C +)
時間: 合金は50秒で最も外側の炭化物を流れます。 中央と内側の炭化物は、1分40秒で合金の滴下を示し始めます。

結果と結論:

テスト結果は、炭化物の除去が可能であることを示しています。 最初に、部品を加熱して温度を維持し、 誘導ろう付け 滴り落ちる合金。 カーバイドを下に向けて部品を固定することが重要です。 その後、カーバイドをペンチでつかむのに十分なだけシフトアウトするために、外部からの衝撃が必要になります。 注意:炭化物を引き抜くとき、熱間溶融誘導ろう付け合金は、それらが引き出されるときに炭化物の穴から流出する可能性があります。