溶接用タービンブレードの予熱

説明

溶接用途の誘導予熱タービンブレード

目的: 溶接用途のタービンブレードを1850ºF(1010ºC)に予熱する誘導
素材: スチールタービンブレード
温度: 1850°F(1010°C)
対応周波数: 305kHz
誘導加熱装置: DW-UHF-6kW-I 150-400kHz 誘導加熱システム 1.5つのXNUMXμFコンデンサを含むリモートヒートステーションを装備。

手持ち型の誘導器のヒーター
–このアプリケーション用に特別に設計および開発されたシングルポジションXNUMXターン誘導加熱コイル
プロセスシングルポジションXNUMXターン 誘導加熱コイル タービンブレードの先端を加熱するように設計されました。 6kWの誘導加熱電源により、タービンブレードは目標時間XNUMX分以内に温度まで加熱されました。

結果/メリット 

速度:クライアントは、XNUMX分以内に部品を温度に加熱することを望んでいましたが、プロセスはそれを達成しました
–精度:クライアントは、提案されたプロセスで達成された、ブレードの先端全体での均一な加熱を望んでいました。
–部品の品質:最終結果は予熱プロセスであり、部品を溶接ステップにすばやく移動できます。
すべての品質要件を満たす