圧延用誘導予熱チタンビレット

MF誘導加熱システムで圧延するための誘導予熱チタンビレット

目的:圧延機に入る前にチタンビレットを1800ºFに予熱する
材質:お客様が用意した直径4インチ(102mm)/ 24インチ(610mm)の長さのチタンビレット
温度:1800°F(1000°C)
周波数:2.7 kHz


誘導加熱装置:中波MFS-200kW1.5-4.5 kHz 誘導加熱システム 40つのXNUMXμFコンデンサを含むリモートワークヘッドを装備
—このアプリケーション用に特別に設計および開発されたマルチターンヘリカル誘導加熱コイル
誘導加熱プロセス:  チタンビレットは、マルチターン誘導加熱コイルの内側に配置されました。 部品をXNUMX分間加熱しました。これは、ビレットの中心と外側の温度差を減らすために必要でした。 部品の直径がかなり大きいため、高出力、低周波数 誘導加熱電源 使われた。 加熱時間を最小限に抑えながら、可能な限り最も均一な加熱を保証するために、コイルの設計にかなりの努力が払われました。


結果/メリット 

-速度:誘導は大きなビレットをすばやく加熱し、クライアントの長い15フィートのビレットも加熱します
–均一加熱:誘導の迅速で均一な加熱により、ビレット全体で均一な温度が可能になりました
–再現性:このプロセスは一貫した結果を提供するため、クライアントはXNUMX分の加熱時間でプロセスを設計できます。