コネクタリングへの誘導はんだ付け同軸ケーブル

DevOps Tools Engineer試験のObjective
5°F(500°C)の温度に到達することにより、同軸ケーブルをコネクタリングとピンに260秒でXNUMX秒以内に誘導はんだ付けします。 誘導加熱.

設備
 DW-UHF-6KW-Iハンドヘルド誘導はんだ付けヒーター

素材
•無フラックスはんだワイヤー
• 同軸ケーブル
•ケーブルコネクタ
•センターピン

主要なパラメータ
電源:1.0kW
温度:662°F(350°C)
時間:5秒

プロセス:

  1. 同軸ケーブルとコネクタは、コイルの内側に垂直に配置されました。
  2. 誘導加熱 を3秒間適用しました。この時点で、部品ははんだ付けに十分なほど高温になります。
  3. はんだ付けワイヤは、ケーブルの編組とコネクタの間に供給されました。
  4. センターピンにはんだ線を挿入し、センターピンをコイルに配置した。
  5. コネクタ付きケーブルをピンの上に配置しました。
  6. 誘導加熱 1.5秒間適用された後、部品ははんだ付けに十分なほど熱くなりました。
  7. 中心導体がピンに挿入されました。
  8. アセンブリは、誘導はんだ付けが成功したことを確認するために検査されました。

結果/メリット

  • 強力な耐久性のあるジョイントとより速い加熱サイクル
  • 選択的で正確な加熱ゾーンにより、部品の歪みと接合部のストレスが軽減
  • 汚染のない技術、それは清潔で安全です