誘導のろう付け用真鍮パイプ

誘導のろう付け用真鍮パイプ

目的:ブロックを1400°Fに加熱して、トラップチューブをアセンブリにろう付けします。

材質:真鍮製ブロックおよび予備成形チューブ

温度:1400°F(760°C)

周波数:350 kHz

機器DW-UHF-10KW誘導加熱システム•コイル:カスタムデザインの2ターンスプリットヘリカル•ワークヘッド:2個の1.0μFコンデンサ(合計0.5μF)が含まれています

プロセス真鍮部品、ろう付けプリフォームおよびフラックスは、カスタムデザインのコイル内に組み立てられて配置されます。 関節の誘導加熱は45秒で達成されます。

結果/メリット

経済性:誘導はコイル内の材料のみを加熱します。 周囲の材料や空気を加熱するのにエネルギーを無駄にしません。 加熱のために炎やガスを必要としない。制御:プロセスはろう付けプリフォームの使用に適している。 自動化に容易に適応するプロセス

効率:エネルギーは共同形成の間にだけ使われます

 

誘導を用いる黄銅管へのろう付け銅

誘導を用いる黄銅管へのろう付け銅

目的:水栓に使用されるいくつかの真鍮と銅のアセンブリをろう付け材料ろう付け、白色フラックス

気温1350°F 730°C

周波数200または280 kHz(コイルに依存)

機器DW-UHF-10KW誘導加熱システム、2つの1μFコンデンサと3回転ヘリカルコイルを備えたリモートワークヘッド

プロセス:3つのらせんコイルは別々に提供された部品の範囲をろう付けするのに使用されています。 部品はフラックスとろう付け合金で組み立てられてから加熱されます。 加熱時間は部品ごとに異なり、大きい部品は3分以内で、小さい部品は20秒以内で加熱されます。 加熱後、部品を急冷する。

結果/メリット

再現性:誘導加熱の固有の精度により、再現性の高いプロセスがサポートされます。

経済性:この方法は火炎法よりも高温のろう付け合金の使用を可能にする。