銅パイプへの誘導ろう付け真鍮スタッド

銅パイプへの誘導ろう付け真ちゅうスタッド目的:銅パイプへの誘導ろう付け真ちゅうスタッドクライアント:工業用暖房用途のコイルのメーカー。 機器:DW-UHF-40KW誘導ろう付けシステム–25つのモジュール。 材質:真ちゅう製スタッド(サイズ:直径20mm、高さ30mm)出力:XNUMX kWプロセス:この誘導ろう付けプロセス中の主な課題… 詳しくはこちら

誘導ろう付真鍮製蛇口

誘導ろう付真鍮製蛇口

真鍮の浴室の蛇口アセンブリの2つの接合箇所をろう付けすること
浴室用金具1” OD、ろう付けリング、フラックス
温度1148°F(620°C)
周波数90 kHz
機器•DW-UHF-30kW誘導加熱システム。1.0個の8.0μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
工程2ターンC字形コイルを用いて蛇口組立体をろう付けする。
ろう付けリングはジョイントに配置され、パーツが組み立てられてフラックス処理されます。 最初のろう付けジョイントが30秒間加熱され、ろう付けリングが流れます。 アセンブリが回転し、30番目のジョイントが60秒間加熱されて、ろう付けリングが流れます。 XNUMXつのろう付けはXNUMX秒で完了します。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•より速く、繰り返し可能で一貫した結果
•局所的な熱がきれいできれいな接合部を生み出します
•製造のためのオペレータースキルを必要としないハンズフリー加熱
•暖房の均等配分

誘導で銅に真鍮をろう付け

誘導で銅に真鍮をろう付け

目的:航空機の組立用エアラインで使用される銅管に真鍮製の端部コネクタをろう付けすること材料の真鍮製の端部コネクタ、異なる直径の銅管

温度1400ºF750°C

周波数350 kHz

機器DW-UHF-4.5KW誘導加熱システム、2個の0.33μFコンデンサを使用した3ターンヘリカル誘導コイル(合計0.66μF)

プロセス小径部品では、フラックスが部品全体に適用され、銅管と黄銅の接合部がろう付け用プリフォームを使用して組み立てられます(各接合部で同量のろう付けが可能になります)。 アセンブリをコイルに入れ、XNUMX − XNUMX秒間加熱して温度XNUMX°Fに達する。 より大きな銅管アセンブリの場合、同じプロセスが使用されるが、合金が接合部から流れ出るのを防ぐためにろう付け合金が接合部にスティック供給される。 プロセスのより良い制御を可能にするためにフットスイッチ制御が推奨されます。

結果/メリット

経済性:電力は暖房の間だけ消費されます

一貫性:ろう付け接合部の結果は再現性があり均一です

誘導のろう付け用真鍮継手

誘導目的の真ちゅう製継手のろう付け:ろう付け用途のために真ちゅう製チューブアセンブリを750°Cに加熱します。 チューブの直径は3〜8インチ(76.2〜203.2 mm)です。材質:真ちゅう製のチューブ真ちゅう製のフランジろう付けリングろう付けフラックス温度:1382°F(750°C)周波数200 kHz機器DW-UHF-20KW、150〜500kHz誘導装備された暖房用電源… 詳しくはこちら

誘導を用いる黄銅の付属品へのろう付けの銅管

誘導を用いる黄銅の付属品へのろう付けの銅管 

目的:プリフォームろう付けワイヤを使用して銅管を黄銅製継手にろう付けするために誘導加熱を使用すること。 処理は窒素と4%水素ガスの雰囲気下で行われます。 ろう付けプリフォームは華氏温度で溶融するが、部品は華氏温度以下に保つ必要がある。 部品は1時間あたり1190から1300の割合で処理する必要があり、これは1部品あたり175秒の加熱時間に相当します。

材質銅管、外径0.5インチ、長さ2インチ、真ちゅう製フィッティング、ろう付けプリフォーム、フラックスなし。

1190°Fを超えないが1300°Fを超えない温度

周波数:300 kHz

機器:DW-UHF-10KWは、3つの(3)バス、8つの(8)コンデンサ(合計0.66μF)、および独自の4回転ヘリカルコイルを備えたソリッドステート誘導加熱電源です。 プロセスDW-UHF-10KW出力ソリッドステート電源と独自の4ターンヘリカルコイルを使用して、以下の結果を達成しました。

結果•95%窒素/ 5%水素を25-30 cfhの割合で供給することにより、ベルジャーの下に要求された雰囲気が提供されました。 •10秒の必要限度を超える十分なろう付け流を達成するためには、18秒のみの加熱サイクルが必要でした。