誘導を用いる鋼管へのろう付け鋼

誘導を用いる鋼管へのろう付け鋼 

目的:Oリングフェース(ORFS)スリーブまたはオスコネクタをスチールチューブにろう付けすること。

材料

•スチールチューブ、外径1インチ(2.54 cm)

•Oリングフェイスシールスリーブとオスコネクタ継手

•ろう付けリングの予備成形

•ホワイトSureFlowフラックス

•スチールサポートマンドレル

温度1300°F(704°C)

周波数200 kHz

詳細

•DW-UHF-20KW誘導加熱システム。2個の(2)個の1.5μFコンデンサ(合計0.75μF)を含むリモートワークヘッドを装備。

•この用途向けに特別に設計および開発された誘導加熱コイル。

プロセス鋼製チューブとORFSスリーブまたはORFSオスコネクタの両方を加熱するために、4回転2.75インチ(7.0 cm)IDのヘリカルコイルが使用されます。 このコイルは、スリーブまたはオスコネクタをチューブにろう付けするように設計されています。 ろう付けする部品をフラックスで組み立て、45秒間加熱します。 チューブに圧力をかけて、ろう付けリングが流れるときに確実にチューブが継手に完全に挿入されるようにします。

結果/メリット利点:

・コイルの内径が大きいため、部品の出し入れが容易

•コイルと継手の効率的なエネルギー結合により、過熱が避けられます。