誘導ろう付銅管継手

誘導ろう付銅継手
目的: 銅の「ティー」と「エル」は、冷凍バルブのアルミニウムボディにろう付けされます。

材料: 顧客のバルブ銅継手ろう付け

温度: 2550°F(1400°C)

対応周波数: 585kHz

装置: DW-UHF-10kw誘導加熱システム 2個の1.5μFコンデンサ(合計0.75μF)を含むワークヘッドと3ターンのヘリカルコイルを含む

プロセス: バルブはコイルの内側に配置され、 RF誘導加熱パワー 部品が必要な温度に加熱され、ろうが接合部に流れ込むのが見られるまで、を適用します。 2つのチューブサイズを同じものを使って走らせた 誘導加熱システム サイクルタイムが異なる設定。

結果/メリット •エネルギーは加熱されるゾーンにのみ適用されます•接合部/ろう付けの加熱は均一で繰り返し可能です