誘導と鋼鉄に超硬合金のヒントをろう付け

誘導加熱装置が付いている鋼鉄へのろう付けの炭化物の先端

目的:超硬チップを4140鋼切削工具にろう付けする
材質:超硬アイソグレードC2およびC5チップ、4140円形スチールカッター、フラックスおよび銀ろう付けシム
温度1400°F(760°C)
周波数250 kHz
機器•DW-UHF-20kW誘導加熱システム。1.5つの0.75μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセススプリットヘリカルコイルを使用して、ろう付け用途で超硬および円形鋼カッターを均一に加熱します。 円形のスチールカッターを万力に入れ、カーバイドとろう付けシムを歯の上に置きます。 アセンブリを5秒間加熱して、カーバイドを円形のスチールカッターにろう付けします。 円形のスチールカッターが万力で回転し、各超硬チップは前のろう付けに影響を与えることなく別々にろう付けされます。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•ろう付けされているチップにのみ適用される急速で局所的な熱は、アセンブリの以前のろう付けには影響しません。
きれいできれいなジョイント
•高品質の繰り返し部品を製造

誘導とろう付け超硬工具のヒント

誘導とろう付け超硬工具のヒント 

目的:スチールミートカッターインペラーへのカーバイドカッターの取り付け

超硬ブロック スチールシャンクフィッティング

温度1400°F(760°C)

周波数300 kHz

機器DW-UHF-30KW誘導加熱システム:誘導​​加熱コイルワークヘッド:2キャップ1.0μF(合計0.5μF)プロセス部品全体が5回転ヘリカルコイルに配置され、部品が加熱されるまで電力が供給されます必要な温度と均一なヒートパターンが得られます。 このコイルは、優れたろう付け接合部のために、カーバイドとスチールシャンクとの間の容易な固定および均一な加熱を可能にする。

結果/メリット

精度:誘導コイルのサイズにより、スチールシャンク上に炭化物を正確に配置することができます。

経済性:電力はヒートサイクルの間だけ消費されます

再現性:この再現性のあるプロセスで接合部の品質が維持されます。