誘導ろう付け鋼管

誘導ろう付け鋼管

目的:ろう付け用途のために、1,850秒以内にオイルサクションアセンブリ(スチールチューブとフィルターキャップ)を1010°F(15°C)に加熱すること。

材質直径0.125インチ(3.2mm)の鋼管とフィルターキャップアセンブリ、高温ろう付けフラックス、銅リング。

温度1850°F(1010°C)

周波数500kHz

装置•DW-UHF-6KW-I 0.66μFコンデンサを含むリモートワークヘッドを装備した誘導加熱システム•この用途のために特別に設計および開発された誘導加熱コイル。

プロセスジョイント領域の近くでチューブアセンブリを加熱するために、2ターンの特別に輪郭を描かれたらせん状の誘導コイルが使用されます。 次に、銅リングと高温のフラックスを接合部に塗布します。 ろう付けが流れるまで15秒間電力を加える。

結果/利点誘導加熱は以下を提供します。

•部品の容易なローディングおよび荷を下すこと

•製造公差内の非常に正確な部分を加熱する

•製造のための最小限のオペレータスキルを含むハンズフリー加熱

誘導ろう付銅管継手

誘導ろう付銅継手
目的: 銅の「ティー」と「エル」は、冷凍バルブのアルミニウムボディにろう付けされます。

材料: 顧客のバルブ銅継手ろう付け

温度: 2550°F(1400°C)

対応周波数: 585kHz

装置: DW-UHF-10kw誘導加熱システム 2個の1.5μFコンデンサ(合計0.75μF)を含むワークヘッドと3ターンのヘリカルコイルを含む

プロセス: バルブはコイルの内側に配置され、 RF誘導加熱パワー 部品が必要な温度に加熱され、ろうが接合部に流れ込むのが見られるまで、を適用します。 2つのチューブサイズを同じものを使って走らせた 誘導加熱システム サイクルタイムが異なる設定。

結果/メリット •エネルギーは加熱されるゾーンにのみ適用されます•接合部/ろう付けの加熱は均一で繰り返し可能です