誘導加熱による焼きばめ部品除去アプリケーション

誘導加熱を目的としたシュリンクフィッティング部品除去アプリケーションこれは、シュリンクフィット部品除去アプリケーションです。 顧客の現在のプロセスでは、プレスを使用して挿入された部品を押し出します。 ただし、これにはかなりの力と時間が必要です。 熱を加えることにより、ハウジングは挿入された部分を簡単に取り外すことができるように十分に拡張することができます… 詳しくはこちら

インサート用誘導収縮継手

IGBTシュリンクフィッティングヒーター付きインサート用誘導シュリンクフィッティング

目的:8 "x 4 1/2" x 3 1/2 "のアルミニウム製燃料ポンプハウジングを3750Fに加熱し、鋼製部品を挿入できるようにします。 現在、ハウジングは対流式オーブンで1.5時間以上加熱されています。 鋼製部品を挿入する領域の直径は0.6875インチと3750インチです。 さらに、挿入プロセスはXNUMX分強続くため、XNUMXFをXNUMX分間維持する必要があります。
プロセスを完了する期間。
材質:8 "x 4 1/2" x 3/1 "のアルミニウムポンプハウジング
鋼製挿入部品
温度:3750F
アプリケーション:DW-HF-25、25 kW出力の固体誘導電源を使用することにより、以下の結果が達成されました。
–挿入を可能にするために3750分で1Fに到達しました。
– 20個のハウジングは、5回転直角パンケーキコイルを使用して正常に加熱されました。
機器:Ameritherm SP 25、合計25μFの1つのコンデンサを含む4つのリモートヒートステーションを含む1.0 kW出力のソリッドステート誘導電源、および5/3インチの銅製の16つの直角パンケーキコイルチューブ。
周波数:80 kHz

インサート用焼きばめ

 

誘導収縮継手鋼管

IGBTの暖房装置が付いている誘導の収縮継手鋼管

目的焼きばめ用途のために鋼管を500-1000°Fに加熱します。 さまざまな温度でのIDの膨張(成長)を決定します。
材質スチールチューブ7” OD×4.75” ID×5”ヒートゾーン
温度を測定するために 'K'熱電対を入力
防寒用の毛布
温度500、800、1000°F(260、427、538°C)
周波数66 kHz
機器DW-HF-7.5、7.5 kW、150-400 kHz誘導電源、1.5つの0.75μFコンデンサ(合計XNUMXμF)を含むリモートヒートステーションを装備
この用途のために特別に設計および開発された、マルチターンの特別な直並列誘導加熱コイル。
プロセス初期テストは、サーマルブランケットのないサンプルで完了しました。 熱電対を銅リングと鋼管の間に滑り込ませて温度を測定します。 測定された部分
4.940インチ(IDゲージを使用した室温で)部品は約1000分で538°F(10°C)に達します。
下のグラフは、理論と実験の測定結果の比較を示しています

1

結果/利点パーツの測定値は4.975°Fで1000インチで、0.035インチ(4.975マイナス4.94)の拡張が得られます。 500°Fと800°Fでは、膨張数はそれぞれ4.950と4.964でした。 を使用する場合
サーマルブランケットの加熱時間は約90秒短縮されます(8.5分ではなく10分)。

 

加熱収縮チューブ

 

 

 

 

 

 

誘導収縮フィッティングチューブ

 

 

 

 

 

 

 

シュリンクフィッティング鋼管