誘導を用いる黄銅の付属品へのろう付けの銅管

誘導を用いる黄銅の付属品へのろう付けの銅管 

目的:プリフォームろう付けワイヤを使用して銅管を黄銅製継手にろう付けするために誘導加熱を使用すること。 処理は窒素と4%水素ガスの雰囲気下で行われます。 ろう付けプリフォームは華氏温度で溶融するが、部品は華氏温度以下に保つ必要がある。 部品は1時間あたり1190から1300の割合で処理する必要があり、これは1部品あたり175秒の加熱時間に相当します。

材質銅管、外径0.5インチ、長さ2インチ、真ちゅう製フィッティング、ろう付けプリフォーム、フラックスなし。

1190°Fを超えないが1300°Fを超えない温度

周波数:300 kHz

機器:DW-UHF-10KWは、3つの(3)バス、8つの(8)コンデンサ(合計0.66μF)、および独自の4回転ヘリカルコイルを備えたソリッドステート誘導加熱電源です。 プロセスDW-UHF-10KW出力ソリッドステート電源と独自の4ターンヘリカルコイルを使用して、以下の結果を達成しました。

結果•95%窒素/ 5%水素を25-30 cfhの割合で供給することにより、ベルジャーの下に要求された雰囲気が提供されました。 •10秒の必要限度を超える十分なろう付け流を達成するためには、18秒のみの加熱サイクルが必要でした。

誘導ろう付銅管継手

誘導ろう付銅継手
目的: 銅の「ティー」と「エル」は、冷凍バルブのアルミニウムボディにろう付けされます。

材料: 顧客のバルブ銅継手ろう付け

温度: 2550°F(1400°C)

対応周波数: 585kHz

装置: DW-UHF-10kw誘導加熱システム 2個の1.5μFコンデンサ(合計0.75μF)を含むワークヘッドと3ターンのヘリカルコイルを含む

プロセス: バルブはコイルの内側に配置され、 RF誘導加熱パワー 部品が必要な温度に加熱され、ろうが接合部に流れ込むのが見られるまで、を適用します。 2つのチューブサイズを同じものを使って走らせた 誘導加熱システム サイクルタイムが異なる設定。

結果/メリット •エネルギーは加熱されるゾーンにのみ適用されます•接合部/ろう付けの加熱は均一で繰り返し可能です