切削鋼工具の誘導ろう付け超硬チップ

切削鋼工具用途での誘導ろう付け超硬チップ

DevOps Tools Engineer試験のObjective  : 

CBNおよびPCD切削工具の大手メーカーは、生産性を向上させたいと考えています。 フォーカス 熱 on 非常に小さな領域に順番に 熱損失を減らす 改善する 超硬チップ プロセス。  

誘導ろう付けプロセス: 

顧客は、各辺が約16.5 mm(0.65インチ)の三角形のスチールボディを提供しました。 ザ・ 誘導ろう付け超硬チップ エッジの3mm(0.11インチ)の正三角形で実行する必要があります。 工具鋼本体の加熱ゾーンは、外径43 mm(1.69インチ)x長さ25 mm(0.98インチ)です。 DW-UHF-6kW-II誘導加熱システムを使用して1600°F(870°C)に到達し、8秒でプロセスを完了しました。 カスタム設計のコイルは、超硬チップゾーンに熱を集中させ、サイクルタイムを最小限に抑えました。

誘導ろう付け装置: 

カスタマイズされたDW-UHF-6kW-II誘導加熱システム 誘導ろう付けコイル プロセス要件に合わせるために使用されました。

業種:BHツール &機器