全自動誘導鍛造ロッド炉

説明

フルオートマチックの送り装置システムが付いている誘導の鍛造材棒棒炉

主要な部分:

  • MF誘導加熱発電機(電源)。
  • 補償コンデンサユニット。
  • 加熱コイルと付属品
  • フルオートフィーダーシステム
  • スタンドまたは作業台
モデル DW-MF-45KW DW-MF-70KW DW-MF-90KW DW-MF-110KW DW-MF-160KW
アプリケーション ロッドについて
φ15-30mm
ロッド径φ15-50mm ロッド径φ15-80mm ロッド径φ15-80mm
最大入力パワー 45KW 70KW 90KW 110KW 160KW
最大出力電力 45KVA 70KVA 90KVA 110KVA 160KVA
入力電圧 3相、380V±10%50または60HZ
発振周波数 1KHz〜20KHz、用途に応じて、通常約4KHZ、8KHZ、11KHZ、15KHZ、20KHZ
デューティサイクル 100%、24時間作業

主な特徴:

 

  • 鋼、銅、青銅、アルミニウムのロッド加熱に適しています。
  • 持ち運び可能で軽量で、あらゆるプレス機器の横に簡単に設置できます。
  • 設置と操作は非常に使いやすいです。
  • ロッドを鍛造温度まで急速に加熱して、ロッド炉の酸化を減らし、部品の品質を高めることができます。
  • 適応可能な周波数範囲が非常に広いため、15mmを超えるロッドをより迅速かつ均一に加熱できます。
  • 毎日継続的に動作するように設計されています。
  • 空気圧ロッド送り
  • 高効率、省エネルギー、低コスト
  • 加熱コイルを異なるサイズの加熱ロッドに交換するのは簡単です。
  • 予熱は必要ありません。機械を始動するだけで、コンポーネントを摂氏1350度の温度に加熱できます。
  • ロッドバー用のフルオートフィーダシステム。

=